エルメスの大変希少なヴィンテージ広告ポスターです。1920〜1930年代頃に制作された当時の物になります。よくあるオマージュ作品や復刻版のリプリントではなく、貴重なオリジナル版です。 以前、百貨店の美術サロンの外商バイヤーに依頼し、フランス・パリのアンティークギャラリーより直接取り寄せてもらったものです。のちに国内で木製フレームに額装しております。他デザインも出品中ですが、これだけ多くのデザインを一度に取り寄せてもらうのは結構大変で、価格も当時かなり高額でした。額サイズ:約49cm×36.5cmフレームも頑丈な木製額装で、多少の小傷はあるものの総じて状態も良く、上質な雰囲気もあります。額装費だけでも結構してます。もともと、都内の某フランス料理店のディスプレイ用に揃えたものですので、画像の通りかなりセンスの良い仕上がりです。とても貴重な歴史的資料でもあり、またエルメスのレザー製品、腕時計やアクセサリーのファッションルーツが伝わる素敵なデザインです。スカーフなどと同様に、お店のディスプレイや、お部屋のインテリアに最適かと思います。インスタ映えにも!! 年数が経過していますが画像の通り状態も良好です。年代物ですのでどうしても経年の汚れ・ダメージ等はご理解願います。 探されていた方は必見です。是非この機会にご検討ください。ルイヴィトンも出品中です。ヴィトンもトランクやバッグの歴史が伝わる、素敵なデザインばかりです!
カテゴリー:メンズ>>>小物>>>長財布
商品の状態:目立った傷や汚れなし
ブランド:エルメス
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:未定
発送までの日数:4~7日で発送

いつ履く?いつ戻す?スタッドレスタイヤの履き替え時期

冬のドライブにはスタッドレスタイヤが必要とご存知の方は多いものの、スタッドレスタイヤの履き替えタイミングについてはあまり知られていないようです。急な雪に見舞われ慌ててスタッドレスタイヤを購入、夏まで(場合によっては次の冬まで)そのまま履き続けているという方も実際に見かけます。今回は安心・安全なドライブを楽しむために、スタッドレスタイヤを装着するタイミング、またサマータイヤへ戻すタイミングについてお話をしたいと思います。

まずいつスタッドレスタイヤに履き替えるかという話から。定価97400円 新品 jwanderson × Mr.Porterリネンシャツしましたが、スタッドレスタイヤの性能を100%引き出していただくために、新品スタッドレスタイヤを購入いただいた場合は時速60km/hで200kmほどの慣らし走行をおすすめしています。これはタイヤ表面の油や汚れを取り除き、路面と接するトレッド面をより均一に接地させるようにするためです。

ですから雪が降り出す約1ヶ月前を目処に、スタッドレスタイヤの購入&履き替えをしていただくのが理想です。具体的なタイミングは気象庁が発表している「霜・雪・結氷の初終日」の情報が参考になります。例えば下の図は、主要都市の雪の初終日を示したものです。北海道札幌市では10月末から4月中頃、東京都では1月上旬から3月上旬の期間に雪が降るだろうということがわかります。同様に結氷の初終日を見ることで、路面が凍結する可能性のあるおおよその期間を知ることができます。慣らし走行を考慮するとこれらの期間が始まる1ヶ月前あたりがスタッドレスタイヤへの履き替えタイミングと言えそうです。

主要都市の「雪の初終日 平年値」( レア90s USA製古着◆デューク大学カレッジスウェットトレーナー メンズL

◎レア◎00s◎スウェット◎チャコールグレー×緑◎ビッグロゴ◎企業ロゴ◎超だぼ◎

最後に、そのままスタッドレスタイヤを履いていてはダメなの?という疑問にもお答えしておきましょう。最近のスタッドレスタイヤは乾いた路面でもスムーズに走れてしまうためそのまま履き続けている方も見かけますが、実はスタッドレスタイヤはサマータイヤと比べると氷雪路に強い反面、雨が苦手なタイヤということを覚えておいてください。

冬には冬のタイヤ、夏には夏のタイヤを選ぶことがドライブを安全で楽しいものにしてくれるのです。